2017年6月23日
ラプンツェル あたらしい冒険

inouemini2

©Disney
デジタルプレミアムコース:ディズニーチャンネル(183ch)

放送日
2017年06月24日(土)13:00~

(番組概要)

映画「塔の上のラプンツェル」のその後を描いたオリジナル・ムービーをディズニー・チャンネルで初放送!
両親と再会し王国に戻ったラプンツェルは、新たな慣習に戸惑うばかり。ある夜、仲間に連れられお城を抜け出すと不思議なことが起きて・・・!?本作の続きを描くTVシリーズもこの夏登場!

(井上公子の今日のイチバン↓)

グリム童話のラプンツェルは大好きなお姫様だった・・・原作は違ったらしいのですが、お姫様と思い込んでいたのです。だって、昔話の主人公はお姫様としたもんでしょう?「髪長姫」なんて呼び名もあったのではないかな…気のせいかな?
 とにかく、魅力は長い長い髪の毛。子どもの頃、仕事を持っていて、時間のなかった母は、娘の髪形はショーッとカットと決めていたらしく、私も妹も長く髪を垂らしたり、お下げにしたりしている写真はない。
 高校生くらいになって、その反動で伸ばし始め、社会人になったころは腰まで伸ばしてたこともある。それも深層心理で「ラプンツェルになりたい・・・。」と思っていたのでは???
 さて、幼心に刻まれたラプンツェルへの憧れは、うまーく打ち砕いてくる痛快なお姫様談です。男女共同参画時代、女性はもはやか弱く守られるべき存在ではない。強く、自立して、勇気と打たれ強さ、そして、優しさ、もちろん、ユーモアとかわいらしさを忘れないとにかくスーパーなヒロイン・ラプンツェル。しかも、頼れる仲間も女の子。小さい頃からこんなアニメ見て育つんだから、今どきの女子が強くないわけないね。頼もしい限りです。
 このラプンツェル、いかにもCGという、滑らかで立体的な実写により近い質感の画面とは一線を画す。「アナ雪」とは違うのだ。直線的で、描画というより、切り絵や版画の味わい。リアルに近づけるより、アニメらしい表現を求めているのかな。リアルの真似事じゃ、アニメの存在意義がないですものね。
 ところで、二人のヒロインには何とも愛らしい相棒がいる。馬だ。愛嬌たっぷりに、頼れるんだかどうか微妙に寄り添う。我が家のペット犬は画面に動物が登場すると素早く反応して吠え立てるが、この馬2頭には、反応するも、判断しかねていた様子。結局、画面に集中してラストまで・・・。ディズニー恐るべし。イヌをここまで引き付け、迷わすとは・・・。子どもが夢中になるわけですね。

コメントはまだありません。

コメントする