2017年7月25日
ジョン・F・ケネディ 生誕100年目の真実

inouemini2

©2017 A&E Television Networks. All rights reserved.
デジタルプレミアムコース:ヒストリーチャンネル(134ch)

放送日
7月29日(土)21:30、7月30日(日)21:30ほか

(番組概要)

43歳の若さで大統領に就任したジョン・F・ケネディが、もし生きていれば今年で100歳。これを記念して、ケネディに関するドキュメンタリーを放送。暗殺の真の動機は何だったのか、オズワルドとロシアの関係は?公開された機密文書を基にエリート捜査チームが世界を飛び回り、この謎に迫ります。

(井上公子の今日のイチバン↓)

今年はケネディ大統領生誕100年。
しかも、暗殺に関する調査文書がすべて公開される年、ということで今振り返る、あの世紀の謎!!
 まず、この番組では、暗殺の直前から葬儀、犯人とされたオズワルドの殺害までを淡々と時系列に追っていく。人気の大統領の一挙手一投足に注目が集まる中、アメリカメディアはその動きを追う。膨大な資料・・・テレビ中継されたものから、放送されない裏側の映像まで。事件のショックと混乱をメディア資料で振り返る。
 誰もが知っている、あのパレードの車列。芝生広場と狙撃現場とされたビル。
映画などで再現されたあの場所を、リアルな現実の映像で再び見ることに何か違和感を覚えるほど、私たちは大事件を繰り返し追体験している。日本人なのに・・・。他国の大統領の暗殺にこんなに注目しているなんて。これが当のアメリカ人なら、どれほどだろう。
狙撃されたのは「エルム通り」・・・そう、殺人鬼フレディが登場する「エルム街の悪夢」暗殺事件はまさに、アメリカ人にとってこの題名通りのショッキングな出来事だったろう。
 それにしても疑惑が湧くのは、事前の警備の甘さと、容疑者逮捕の証拠の曖昧さ。さらに、オズワルドには弁護士すらついてない。50年前は訴訟大国アメリカも、人権意識が薄かったのかな。容疑者に記者の質問を直に公開で受けさせたり、メディアに露出させたり、まるで韓国でのことみたい。そして、オズワルド襲撃は大勢の警官と記者が集まる警察署出入り口付近で行われた。予測して警備してたはずなのに、犯人を取り押さえることもしていない。のちに捕まるけど、でもねぇ・・・・・・
 いろんな場面が映画で再現されているけど、現実の映像で見ると、そして、これまで見られなかった裏の場面が見えると、ますます、真実を知りたくなる!!100年目の真実、どこまで迫れるのかな。合わせて放送の「3発の銃弾」「オズワルドの謎」を見れば、さらに真実に迫れるのでしょうか?

コメントはまだありません。

コメントする