2017年9月8日
湯を沸かすほどの熱い愛

inouemini2

© 2016「湯を沸かすほどの熱い愛」製作委員会

デジタルプレミアムコース:日本映画専門チャンネル(125ch)

放送日
9月17日(日)16:20~
9月24日(日)18:40~

(番組概要)

自主製作映画『チチを撮りに』がベルリン国際映画祭他、国内外の多くの映画祭で絶賛された中野量太監督の商業監督デビュー作。余命を宣告されるも絶望することなく、やり残したことをいくつも成し遂げようと力強く生きる母・双葉(宮沢りえ)。学校でいじめられ引きこもり寸前の娘・安澄(杉咲)を独り立ちさせるため、命の限りも忘れて走り続ける。そして、安澄が一年前に蒸発した父(オダギリジョー)と、死にゆく母のためにした「ある秘密」とは…。昨年度の日本アカデミー賞で、宮沢りえと杉咲花が最優秀主演女優賞と最優秀助演女優賞を受賞するなど、賞レースを総なめにした話題作。
銭湯を営む双葉(宮沢)は、夫・一浩(オダギリ)の一年前の蒸発以来パートに励み、繊細すぎる中学生の安澄(杉咲)を懸命に育ててきたが、突然の余命宣告を受ける。その日から、やるべきことを掲げて実行に移していく。

(井上公子の今日のイチバン↓)

かつての国民的美少女アイドル宮沢りえも43歳という。いろんなごたごたを乗り越え、激痩せもして、再び女優として注目を集めている。苦労して、苦労して、激やせして(劇中の設定)、揚句に末期がんで余命宣告・・・運命の残酷の極みのような人生を歩んでいながら、常に周囲の人を温かく思いやる主人公。いじめに合い、不登校寸前の娘への寄り添い方。筋の通った励まし方。その娘は結婚相手の連れ子で、実子ではない。ろうあ者である実母に再会する日のため、幼い頃から手話を教えていたエピソードには、泣ける~~~
 とにかく、泣けるシーンはいっぱいあるが、つらいシーンには、必ず、救いの仕掛けがセットされているサービス精神がいい!たとえば、宮沢りえ演じる母親も、実母と別れていて、死ぬ前に一目合いたいと出かけていくが拒否される。窓越しに、現在の家族と幸せそうな母の姿を見て、思わず、門扉の置物を投げつけ、家のガラスを割って逃げる。その母親役をりりいが演じています。心に残るシーンです。
 日本映画百花繚乱…かのように見えて、実は似たような路線、原作はコミックやアニメ、テレビドラマの焼き直し・・・結局、映画製作という芸術創作活動が、儲かる確かさの前に消えかけている、そんな不完全燃焼的な気持ちをずっと持ち続けていた。
 例えば「ロクヨン」。テレビドラマの方がよかったと思う。映画化にあたって、何がなされたか・・・俳優陣を豪華顔ぶれにした。そんなところでしょう。テレビの世界が、映画化しているせいもある。放送倫理スレスレのきわどいモチーフや表現が話題作りもあってかOKになっているから。
 じゃあ、映画は何を映し出せばいいのか。テレビの放送枠に収まらない、監督の独自の世界を見せてほしい。この映画を見て、あらためて、つくづくと、そう思った。
 園子温監督の映画に触れた時のことを思い出した。一見ぶっ飛んだ現実だけど、実は見えてないだけでそこここにあるモチーフやエピソードがリアルに手触り感アリアリに、積み上げられて、物語が構築されていく。やわらかいソフト毒が、ちくり、ちくりと効いてくる、今後の創作活動を注目したい監督です。衝撃のラスト・・・とネタバレを事前に見ちゃった私。「法的には問題なかったの?」と現実に引き戻ってしまいましたが、皆さんはどうご覧になりますか・・・。

コメントはまだありません。

コメントする