2017年11月15日
はいからさんが通る

 

inouemini2

「はいからさんが通る HDリマスター版」 ©大和和紀/講談社・日本アニメーション

デジタルプレミアムコース:ファミリー劇場(157ch)

放送日
毎週日曜日 12:00~

(番組概要)

「あさきゆめみし」の大和和紀原作、日本を代表する名作少女漫画をアニメ映画化した『劇場版 はいからさんが通る 前編-紅緒、花の 17 歳-』が 11 月 11 日(土)に公開することを 記念し、TV シリーズ「はいからさんが通る」をHDリマスター版でお届け!11 月 5 日(日)12:00 より 4 週連続で全 42 話を放送します!ハイカラで好奇心旺盛な少女・紅緒が激動の大正 時代に人生を翻弄されながらも力強く生きていく姿をご覧ください!

(井上公子の今日のイチバン↓)

ああ、懐かしのアニメ・・・記憶の彼方へ葬られていたものが、蘇る。
最近では「ベルサイユのばら」があったし、あとは「キャンディキャンディ」が再放送されたら嬉しいな・・・しかし、「キャンディキャンディ」は著作権をめぐる骨肉の争い…という大人の事情で再放送は難しいらしい。
 さて、懐かしくて勇んで見てみたが・・・年月とは残酷なもので、記憶はあいまい、あれ?そんな人いた?のレベル。そして「少佐って、なんで金髪?しかも、目が青いときある~」「絵が雑すぎる~」「そんなギャグ、ありか?」昔は、好きな漫画がアニメになって動いてる…それだけで満足だったのかもね。なんてちっぽけな幸せで満足できていたんでしょう。
これだけはしっかり脳裏に焼き付いてること。それは大正ロマンの女学生ファッション。袴に編み上げブーツですよ!大学の卒業式には、袴にブーツにするか、草履で無難に行くか、最後まで悩んだな。
結局、草履でしたが、当時長かった髪を紅緒風に後ろでまとめて、大きな塩瀬のリボンをつけました。懐かしい~。もう一つは(これは、後から思い出しなことだけど)「紅緒」という名前に影響されてた。女の子が生まれたら、名前の後ろに「緒」が付く名前にしようと思ってたんだけどな…。
さて、あらためて見ると、主人公・紅緒の天真爛漫なおてんばぶりが、何とも愛らしい。やり過ぎの嫌味でもなく、無理矢理でもない、本当に素直に感情移入してしまう。名作のヒロインとはそういうものなんだな。そして、そんなシンプルなキャラクターが受け入れられる牧歌的というか、いい時代だったんだな。
この度、劇場版で蘇るらしい。もう公開されているので、チャンスがあれば見てみてください。そして、このオリジナル版と見比べてみれば・・・新作の方が絵は絶対にきれいだけど、味の面ではどうか?
そうそう、テーマ曲は新しくなるのかな?昔のフォーク調もノスタルジックでよかったけど・・・。

コメントはまだありません。

コメントする