2018年7月9日
音楽朗読劇『Homunculus~ホムンクルス~』

yamamoto

 

 

 

©READING HIGH

デジタルプレミアムコース:ファミリー劇場(157ch)
放送日 :7月22日(日)26:00~

(あらすじ)

劇作家・藤沢文翁による新感覚・音楽朗読劇シリーズ第一弾!ダークファン タジーを彩るのは、実力派声優・俳優による朗読や、生演奏、最新テクノロ ジーといった豪華演出! 舞台は 17 世紀ヨーロッパ。弟子が見守る中、一人の男の命が潰えようとして いた。ヨハン・フリードリッヒ・ベドガーは、陶磁器の発明家として弟子たちに慕 われていた。しかし、死がまさにベドガーの人生に幕を下ろそうとするその刹 那、ベドガーはまるで許しを乞うかのように話を始める。それは、かつてヨーロッ パ全土を揺るがした物語「ホムンクルス事件」。人間が人間を作り出すという 禁忌に踏み込んだ者たちの物語。

(山本淑子の今日のイチバン↓)

「3.5次元のエンターテイメント」と銘打つだけあって、ただ舞台で戯曲を朗読している、というのとわけが違いました。光の球は飛ぶわ、稲妻は走るわ、火は燃え上がる、煙は出る!またそれを生演奏の音楽が盛り上げる。演じる声優や俳優たちはその時代を創造するにふさわしい衣装で熱演。諏訪部順一のバリトン、梶裕貴の美声、すべてに調和が取れ、300年も昔のヨーロッパに想像を巡らせてくれる。死の床にあるヨハン・フリードリッヒ・ベトガーが、弟子に昔話を聞かせるところから始まるのだが、このベトガー、実在した人物なのがおもしろい。マイセン陶磁器の発明者で、錬金術師。人造人間の創造に関わる体験はいかにも「あったかも」と思わせる。人造人間=ホムンクルスの禍々しい描写も真に迫り、下手な芝居より数倍ダイナミックに物語を感じさせることに成功している。あなたの想像力の翼で、2次元と4次元の間に飛んでいくことが出来るかも知れません。

コメントはまだありません。

コメントする