2018年10月15日
関ヶ原

yamamoto

 

 

 

©2017「関ヶ原」製作委員会

デジタルプレミアムコース:日本映画専門チャンネル(125ch)
放送日 :10/21(日)15:15~

(番組概要)

天下分け目の大合戦“関ヶ原の戦い”を、敗軍の将・石田三成の視点から描き出した司馬遼太郎の同名ベストセラー小説を壮大なスケールで映画化した時代劇。念願の企画に挑む原田眞人監督が、真逆な石田三成と徳川家康との対立を軸に、天下分け目の闘いを彩る人間模様を臨場感豊かに描く活劇。幼少より秀吉(滝藤賢一)に忠義を尽くしてきた三成(岡田准一)は、秀吉亡き後も豊臣家のため奔走するが、天下取りを狙う家康(役所広司)の巧妙な術中にはまる。豊臣勢の足並みが乱れる中、光成率いる西軍と家康率いる東軍との関ヶ原の戦いが幕を開ける。

(山本淑子の今日のイチバン↓)

関ヶ原の戦い、学校で習いました。「豊臣秀吉亡き後、1600年、石田三成率いる西軍と徳川家康率いる東軍が関ヶ原で繰り広げた天下分け目の合戦で、東軍の勝利に終わった。」私の知識はこれくらい。この戦いに至るまでの経緯を描いたのが司馬遼太郎の長編小説「関ヶ原」。これを原作にして撮ったのがこの映画「関ヶ原」。原作は分厚いのが上・中・下とあり、かなり長いので、「関ヶ原」を知るにはいい。ただ、私くらいの知識しか持ってない人には、ちょっと難しいかも。長編を詰め込もうとしてせりふが長いのか、みんな早口。でもって、なぜか滑舌が悪い。唯一、役所広司の台詞だけはよくわかったので、これを頼りに憶測でとらえるしかなかった。役所さん、さすがです。わかりにくいとは言え、三成役、岡田准一は花があり、正義と忠義のはざまで苦しむ不器用な三成像を骨太に演じていたし、時代劇初挑戦の有村架純は可憐だった。合戦の場面も壮絶で、かなり見ごたえはあり。

コメントはまだありません。

コメントする