2018年11月1日
秘境駅の旅 #20 三⾓線 ⽯打ダム駅と ⿅児島本線 ⽥原坂駅への旅

inouemini2
デジタルプレミアムコース:旅チャンネル(143ch)
放送日:11月04日(日)16:30 11月06日(火)15:00 23:00

秘境駅。 利⽤者がほとんどいなくなってしまった駅、⼭奥や荒れ地の中に、ひっそりと残る駅。 列⾞や⾞を使ってもなかなかたどり着けない駅…。 そんな駅を、秘境駅と呼びます。 そんな秘境駅の旅の魅⼒をたっぷりとお届けします。

(井上公子の今日のイチバン↓)

「秘境」という言葉には、何やら人を引き付ける魅力がある。魔力とでも言おうか。隠されると知りたくなり、逃げられると追いかける…的な人間の心理的反射。そういうことで、この手の番組は成り立っているんだと思うが、冷静に見るとなかなか厳しいものがある。もはや『どうぞお好きにツッコんでください』と、自虐的な薄笑い声さえ聞こえてきそう。これまでこの番組で見てきた秘境駅は、産業遺産的な、近代史の中に埋もれた…意義深いところが主だったように思うが、この回は・・・。
 訪ねたのは熊本県。まず鹿児島本線の駅・田原坂駅だ。今年の大河ドラマを見てる人はピンとくる、もうすぐ、そのくだりに入りますね。西南戦争で西郷隆盛率いる薩摩軍が敗走した地・田原坂にある駅。普通列車しか停まらないし、6000人以上の死者を出したという激戦地は今では心霊スポット扱いか、人家もないとか。確かに、ここは歴史をたどり思いをはせるにふさわしい「ザ・秘境駅」!
 問題はもう一つの駅。石打ダム駅。名前の通り、ダムがある。駅の1キロ先に。ダムの名前が駅名になっているのは国内でも珍しいという。それだけでも価値がある・・・か。駅舎は何となくダムの構造物に似た外観になっている。住民が1700万円の寄付をして駅舎を仕立てたという。ダムという名所ができて、あわよくば街おこしをと目論んだ当時の住民の気持ちが伝わってくる。残念ながら今では通勤通学客だろう2~30人が乗り降りするだけの「秘境駅」である。そして、この最寄駅で降りたとしても、ダムは徒歩20分の先にある。車で行ってもよくない?しかし、この秘境駅の先、終点の三角駅まで行くと、世界遺産に登録された明治時代の築港「三角旧港」があり、石積みの技術がうかがえる船着き場やレトロな洋館を散策できる観光スポットになっているそうです。
 石打ダム駅・・・三角駅の手前で、途中下車してください。ダム好きにはぜひ訪れてもらいたいです。そして、石打ダムカードをゲットしてはいかがでしょうか?

コメントはまだありません。

コメントする