2017年8月21日
共同瓦斯株式会社からの国体協賛物品贈呈式

821日、市長室で共同瓦斯株式会社よりえひめ国体協賛物品の贈呈式及び感謝状の贈呈式が行われ、ウォーターサーバーや飲料水約100万円相当が市に贈呈されました。

共同瓦斯株式会社はミネラル水の宅配などの水事業を行っており、えひめ国体における各競技会場での、健全かつスムーズな進行が実現すればとの思いから、今回の贈呈となりました。

篠原市長は「ありがとうございます。有効に活用させていただきます。」と御礼の言葉を述べられました。

今回贈呈されたウォーターサーバー及び飲料水はえひめ国体の四国中央市実施競技各会場で無料提供される予定です。

2017年8月19日
森信雄七段講演会「弟子とともに棋士生活41年」

8月19日、三島図書館で今年引退した四国中央市出身の将棋のプロ棋士、森信雄七段による講演会が開催されました。

森さんは、プロ棋士として活動しながら、昨年公開された映画「聖の青春」の主人公のモデルになった、村山聖九段をはじめ数多くのプロ棋士を育ててきました。

会場には、親子連れや、森さんの同級生などおよそ100名が訪れ、「壁にぶつかった時の乗り越えかた」など弟子との経験をもとにしたエピソードを興味深そうに聞いていました。

また、講演が終わると、小・中学生10名を相手に指導対局が行われ、対局後一人一人にアドバイスを送りました。

森さんは「今後も機会があれば四国中央市で将棋を教えたい」と話していました。

放送スタッフ 倉橋

2017年8月18日
四国4県防災航空隊合同訓練

大規模災害時の連携強化に取り組もうと、四国中央市消防本部と四国4県の消防防災航空隊の合同訓練が18日、土居町上野のやまじ風公園で行われました。
四国4県の航空隊による合同訓練は毎年行われており、四国中央市での開催は今回が初めてです。この日は消防署員34人と航空隊員45人が参加。四国エリア山間部での複数の救助活動を想定し、四国4県の航空隊が地上にいる消防署員らと連携しながら訓練を行いました。
防災ヘリコプターが滑り台周辺の降下地点に誘導されると、航空隊員2人が上空およそ24メートルからワイヤーを使って降下。その後、救助要請者を救助用担架に乗せて引き上げました。
またこの日は、救助要請者を新居浜市の国領川多目的広場に搬送し、救急隊へ引き継ぐ訓練も同時に行われました。尚、来年の四国4県の航空隊による合同訓練は香川県で開催される予定です。
放送スタッフ:井上智弘

2017年8月17日
第27回三島高校吹奏楽部 定期演奏会

8月16日、土居文化会館ユーホールで、三島高校吹奏楽部 第27回定期演奏会が開催されました。

三島高校吹奏楽部は、今年8月8日に行われた第65回全日本吹奏楽コンクール愛媛県大会で、見事 金賞を受賞。
愛媛県代表として他の4校とともに、8月20日に徳島県で行われる四国大会に出場します。

 

演奏会の第一部では、大会で演奏した課題曲「マーチ・シャイニング・ロード」と、自由曲「吹奏楽のための風景詩「陽が昇るとき」」を披露。
部員60名が奏でる音色が、ホールいっぱいに響き渡りました。

また、宇宙戦艦ヤマトの世界観を、放送部の朗読や合唱を混ぜ込み表現した演奏に、観客は聞き入っていました。

第2部は、ポップステージと題し、馴染み深いポップソングや、映画の劇中曲などを、迫力ある音と、歌やダンスのパフォーマンスで盛り上げました。

 

会場には、立ち見がでるほどの多くの人が訪れ、手拍子やかけごえで演奏に参加するなど、一体となって楽しんでいました。

2017年8月15日
土居夏祭り2017

8月15日、関川河川敷ふるさと広場で、2017土居夏まつりが開催されました。

 

おなじみとなった土居高校吹奏楽部のオープニング演奏では、浴衣姿の部員らが、「およげ!たいやきくん」や「恋」など、おなじみの曲を演奏し、祭りムードを盛り上げます。

盆踊りでは、土居の各地区と市役所を合わせた5連が参加し、揃いの浴衣やはっぴ姿で、地元で昔から親しまれている「土居音頭」と「炭鉱節」を優美な手足の運びで披露しました。

また、盆踊りの後には、アリーナ土居で練習に励んでいる子どもたちがヒップホップダンスを披露。躍動感あふれるパフォーマンスで会場をの雰囲気がガラッと変わり、花火への期待も高まります。

夏まつりのフィナーレは3部構成で趣向を凝らした花火大会。家族に向けたメッセージ付花火なども打ち上げられ、3000発の大輪の花が夜空を彩りました。

会場は、多くの子どもたちや家族連れなどが訪れ、多彩なイベントを満喫していました。