2018年1月11日
こいのぼりの製造ピークを迎える

1月11日、村上鯉幟商会こいのぼり製造工場で、子どもの健やかな成長を願うこいのぼりの製造がピークを迎えています。

 

こいのぼりの製造では、生地織り、手捺染、裁断、縫製、そして仕上げという大きく5つの工程に分けられ、この工場では主に裁断を行っています。

長さ40㎝程の室内用から10mのものまで、色とりどりの30種類を超えるこいのぼりが、職人たちの熟練の技によって作られていました。

こいのぼりといえば、男子の立身出世を願ったものですが、最近は赤色の鯉などで女の子のためにこいのぼりを立てる家庭も増えているとのことです。

 

放送:野村

コメントはまだありません。

コメントする