2018年1月18日
第8回えひめこども新聞グランプリ東予作品展

こどもたちの自由な発想で、自ら取材し、作成した新聞の完成度を競う「第8回えひめこども新聞グランプリ」の東予作品展が、フジグラン川之江店で開催されています。

これは、新聞制作を通じて発想力や企画・構成力、
コミュニケーション能力、文章力を育んでもらおうと、
県教育委員会や愛媛新聞社らが主催しているもので、
県内の小学生を対象に毎年行われています。

今回は愛媛県内から8,912点の応募があり、
審査の結果、グランプリなどの入賞作品、計417点が選ばれました。

四国中央市の児童が制作したこども新聞に関しては、毎年多くの優れた作品が選出されており、今年も応募総数が県内最多の2,495点、6学年中5学年でグランプリを受賞するなど、こども新聞の制作が盛んな地域となっています。

また市内児童の作品は、グランプリ5点のほかにも、防災まなびま賞3点、優秀賞5点、奨励賞11点などを含む86点が入賞しました。

こどもならではの視点で描かれる疑問や街の課題は新鮮な発見と驚きがあり、見応えのある作品展となっています。

フジグラン川之江店では1月21日まで、各学年のグランプリなど上位賞と、東予地区の入賞作品が展示されています。

ぜひ皆さん足を運んでみてはいかがでしょうか。

放送:浅野

コメントはまだありません。

コメントする