2018年1月23日
豊岡保育園 芸術士派遣事業

1月22日、豊岡保育園でOHPを使って光や影を感じる遊びが行われました。

これは、「保育園芸術士派遣事業」のひとつで、観音寺市在住の芸術士 長谷川隆子さんを講師に迎え、アートを通じて子ども達の感性や創造力を育む目的で実施されました。

この日は園児29人が参加。まずは、顔のイラストが描かれた下書きの上に透明のシートを敷き、OHPに投影するための絵をマジックやテープで描いて完成させました。

その後、園児が思い思いに描いた絵がOHPで投影されると、歓声をあげながら喜んだり、見入ったりしていました。

この日は他にもハサミやものさし等、日常で目にするものが投影されることで違った見え方になるなど、OHPならではの手法で園児を楽しませました。

普段見ているものとはまた違う、光と影で表現された色や形に、園児は目を輝かせていました。

放送:浅野

コメントはまだありません。

コメントする