2018年1月26日
文化財防火デーにあわせ新長谷寺で防災訓練

文化財防火デーの1月26日、寒川町の新長谷寺で、文化財の防災訓練が行われました。

文化財防火デーは、昭和24年1月26日に、現存する世界最古の木造物、法隆寺金堂(ほうりゅうじこんどう)が炎上し、壁画が焼損したことを機に、昭和30年に定められました。

毎年この時期に、文化財愛護に関する意識を高めようと、全国的に文化財を対象にした防災訓練が行われており、四国中央市でも教育委員会が主催し、消防本部と連携のもと実施しています。

今回は、本堂付近から不審火により出火したという想定で訓練が行われました。参拝者が火災を発見し、初期消火にあたるが消火に至らず、消防に通報。その後、119番通報を受けて駆け付けた消防署員が到着し、消火活動を行いました。

新長谷寺には、多数の文化財が保存されており、これらの文化財を火災から守ろうと参加者は真剣な表情で訓練に取り組んでいました。

その後、消防署員から消火器の仕組みや使い方などの説明が行われ、参加者も実際に消火器を使用し、初期消火の大切さについて学んでいました。

 

放送:藤田

コメントはまだありません。

コメントする