2018年2月9日
北小学校5年生が四国中央テレビを見学

2月8日(木)北小学校の5年生が四国中央テレビを見学しました。これは社会科見学の一環として行われたものです。

児童たちは会社についての簡単な説明を受けた後、実際にカメラを操作する体験をしました。業務用のカメラは見た目以上に重かったようで実際に肩に担いだ児童からは「重たい!」と声が上がっていました。


放送室では、番組が流れるシステムについて学び、また間違いがないように二重三重のチェックをする事の大切さを知りました。
スタジオでは、番組のオープニングタイトルの収録も体験し、少し固くなりながらも元気にニュース番組のオープニングを担当しました。


最後の質問タイムで、児童たちからは「災害が起きたときはどうするのか」なお、「どんな風に知らせるのか」など災害を中心とした質問が出され、担当した放送スタッフも児童たちが災害報道について高い関心がある事に驚いていました。

児童たちは、初めて見る番組制作の裏側に、目を輝かせていました。

放送:青井

コメントはまだありません。

コメントする