2018年5月23日
新宮小中学校でプログラミング教室開催

5月23日、新宮小中学校でプログラミングの公開授業が行われました。

この授業は、校区外からも広く児童生徒を募集している新宮小中学校の取組みを知ってもらうため昨年から行われており、今年は新宮小中学校5、6年生11名と、市内の他の小学校から5、6年生33名が参加しました。

児童は、愛媛大学社会共創学部準教授の山本智規(とものり)さんから、プログラミングについて簡単な説明を受けた後、12のグループに分かれ、それぞれのグループを担当する社会共創学部の学生と協力し、教材のロボットを組み立てていきました。

ロボットが組み上がると、用意されたコースをゴールまで辿り着けるようパソコンでプログラミングを行いました。
児童は、何度もコースを走らせながら設定を変更し、意図したとおりにゴールまで辿り着くと歓声を上げ喜んでいました。

参加した児童たちは、楽しみながらプログラミングについて学んでいました。

放送スタッフ 倉橋

コメントはまだありません。

コメントする