2018年5月21日
JAうま金生地区女性部 五月人形展示会

JAうま金生支店の2階で、五月人形の展示会が開かれています。

子どもの健やかな成長を願う親の気持ちをいつまでも忘れないでほしいという想いから、JAうま金生地区女性部が3月に開いた雛飾りの展示会に続いて開催しました。

会場には部員らの家に眠っていた鎧や兜など様々な時代の五月人形15点が並んでいます。また、着物の生地に使用される縮緬(ちりめん)の切れ端を使った吊るし飾りも、今回新たに部員が50本制作。来場者は個性的な吊るし飾りを手に取って質感を確かめながら、時代を越えて紡がれる親の想いを感じているようでした。

この展示会は5月30日まで開催されています。時を越えて再び世に出た、ノスタルジー感じる人形たちを見に、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

放送スタッフ:井上智弘

コメントはまだありません。

コメントする