2018年6月14日
宇摩経済研究会6月例会講演

6月13日、ホテルグランフォーレで、宇摩経済研究会6月例会が行われました。

今回は、刀鍛冶の藤田國宗さんが、「刀鍛冶の頭の中」というテーマで、話しました。

講演では、名刀とよばれる刀の特徴や、実用面、美術品としての一面からみた刀の魅力などについて説明しました。

藤田さんは、刀は、反りの具合や形状をあらわす「姿」、鉄の材料を表す「地鐵」、刃の部分の波模様を表す刀文」の3拍子がそろうと美しいと名刀の見分け方を紹介しました。

当日はおよそ40人が参加し、日本刀に関する理解を深めていました。

放送;渡邊

コメントはまだありません。

コメントする